「何が出来るか」と「何をしたいか」

子供の頃は“やりたい”を基に行動をし、大人になるにつれて今の自分に何が出来るかを考え始める。

そしていつしか同じことしか繰り返せない大人になっていく。

wood people summer garden

「何が出来るか」は、今ある駒をどうすれば活かせるかを考え、「何をしたいか」は、新しい駒を増やして、今までにない形を作ろうとすること。

新しいことをするのは億劫であり、自分の知りえないことが起こるかもしれないし、不安になるだろう。

ただ、いつも今ある駒をどうするかばかりでは、いつか手詰まりになり前に進めなくなる。

逆に、新しい駒を増やすだけでもいけない。

駒を増やしたらしっかり、使い方を鍛錬しないといけない。

子どもの様な大人。

もしかしたら、一番楽しい生き方なのかもしれない。


ボールの寿命が最大10倍

ボールレスキュー

スマホでコントロールできるテニスマシン

SPINSHOT Player


前の記事

テニスと芸術

次の記事

脱力