【テニス】ストロークの軸足はどっち

フォアハンドストローク、あなたはどちらの足を軸にして打ちますか?

右利きだとしたら、右足を軸にしますか?それとも左足?

え?

状況によって違うんじゃない?

そう思った方は上級者ですね。

そうなんです。上級者は状況によって軸足を変えてるんです。

じゃあ、どんな時に使い分けるのか、

メリット、デメリットとあわせて解説してみます。

 

SmartSwing.Pro代表 テニスコーチ歴15年

テニス留学するも、ケガのリハビリ期間に始めたコーチのアルバイトに没頭。

テニススクール社員を経て、動きの改善に特化した指導法を追求するため独立。

有名YouTubeチャンネルの制作に関わりつつ、どのレベルでも効率よく上達するための練習方法と器具を提案中。

 

ストロークの基本は左足

右利きの場合、

スクールで初めて習う打ち方や、踏み込んで打つときは基本的に、上の写真のように左足に体重を移してボールを打ちます。

この打ち方の利点は、

体重を乗せやすい

低い打点が打ちやすい

薄いグリップであれば打点を前にするだけでネットを越えるボールが打てる

 

欠点としては、

高い打点が打ちにくい

スピンをかけづらい

イレギュラーに対応するのが難しい

 

欠点としては、

低い打点が打ちづらい

体重を乗せづらいので、パワーが必要

ストロークで大切なのは重心の移動

お互い打ちやすい高さが異なるため、欠点を補う為に状況によって軸足を変える必要があるんですね。

体重の移動(重心の移動)がないと手打ちになってしまい、力を入れた割にはボールが飛ばないという状況になってしまいます。

 

踏み込む形は、体重をかけるイメージをつかみやすいですが、

後ろ足体重の時は、重心は後ろだけどボールはしっかりと押し返すイメージを持ちましょう。

 

ストロークの上達の為には感覚的に理解していないといけない

前足重心、後ろ足重心、これらを使い分けるために、

まずは、打点の高さで使い分けてみましょう。

 

さらには、ボールの軌道、回転、スピードこの変化になれる必要があります。

 

気がついたら、全部後ろ足重心で打っていた。なんてことが無いように、

効率よくボールを打ち返せているのか、たまには確認してみるのもいいですね。

 


ボールを捨てないという考え方

ボールレスキュー

スマホでコントロールできるテニスマシン

SPINSHOT Player