上手い!と言われるボレーを手に入れるためには、(初級編)

「ボレー上手いですね。」

ダブルスをプレーする機会の方が多い日本で、はこの言葉は最高の誉め言葉じゃないでしょうか。

今となっては、プレーする機会も減ってしまった僕ですが、

実は、シングルスよりもダブルスの方が好きでした。

スピード感のある試合展開が楽しかったなー。

そんな昔を思い出しつつ、

「ボレー上手いですね。」そんな言葉をゲットするために、今回はシングルスでもダブルスでも使える基本的なポイントから確認していきましょう。

SmartSwing.Pro代表 テニスコーチ歴15年

テニス留学するも、ケガのリハビリ期間に始めたコーチのアルバイトに没頭。

大手テニススクール社員を経て、動きの改善に特化した指導法を追求するため独立。

現在、どのレベルでも効率よく上達するための練習器具と練習方法を提供中。

初めに意識すること

テニスではどのショットも基本的には打つ、といいますが、ボレーのイメージは打つではなくキャッチだと思ってください。

ボールを手でキャッチしてみましょう。

多分、腕を大きく振ってボールキャッチする人はいないと思います。

手のひらをボールに向けて、触れる瞬間に握る。

これをラケット面でキャッチするイメージでやってみましょう。

ノーバウンドのボールをラケットを振って打つのは結構難しいと思います。

器用な人ほど伸び悩む

ボレーを打つ感覚でできてしまう人もいます。

ただ、レベルが上がってくるとボールスピードが上がり、精度も求められる。

そうなると、打つ感覚ではどうしてもコントロールが定まらず、ミスが増えてきてしまいます。

なので、どこかではキャッチする感覚をつかまないといけないのですが、

それなら早い段階で手に入れておくことをお勧めします。

高い打点は

頭から上でキャッチすると途端に難しくなります。

高い打点になると、決めたい!打ちたい!

そんな欲求に駆られてしまいますが、ここはちょっとガマン

どうしても強く打ちたいときは、体重移動を意識します。

体重移動を使ってみよう!

テニスを始めて、少し慣れてくると、

重心体重移動という言葉で教えられることが多くなります。

腕を必要以上に動かすことは、ミスにつながってしまうのでコンパクトなスイングでボールを打ちたい。

でも、もう少しボールを強く打ちたいな。

そんな時に、体重移動を使ってボールを打ってみましょう。

前に踏み込みながらインパクト。

これだけで、さっきまでよりもしっかりボールを飛ばすことが出来るようになります。


ボールの寿命が最大10倍

ボールレスキュー

スマホでコントロールできるテニスマシン

SPINSHOT Player